頼もしい翻訳会社が誕生|ビジネスのパートナーになる

翻訳を外注する方法とは

男性

仕組みや費用

海外進出を考えている企業なら営業活動やPRに語学力が必要です。しかし、人手不足の日本で語学力の高い人材を確保することは簡単ではないでしょう。そこで利用したいのが翻訳会社です。このサービスを利用すればビジネス文書から科学論文まで幅広く翻訳作業を代行してくれます。翻訳会社の中にはグローバル展開しているところも多く、海外にも拠点を持つことで多言語化を実現しているところも少なくありません。言葉のハードルをクリアすれば海外進出の視野が大きく広がるので、大いに活用すべきサービスだと言えるでしょう。翻訳会社の仕組みは会社によっても異なりますが、費用は1文字あたりの単価と文字数で決まるのが一般的です。たとえば日本語から英語に訳す場合が1文字15円であるなら、これに文字数を掛けて算出します。量が多くなればなるほど費用は上がり、専門性が高い文書ほど高額になる傾向があります。また、最近は様々な言語への翻訳が可能となっていますが、希少言語は高額になる傾向にあります。一方、品質よりスピードや金額を重視するなら格安で依頼できる会社もあります。したがって、翻訳会社を実際に利用する時には事前に見積もりを取って費用や納期の確認を行うことが大切です。また、問い合わせへの対応やスピードなどもチェックしながら会社選びを行うと安心です。会社選びに迷ったときは取引実績や口コミなどを参考にすると信頼性の高い会社に依頼することが出来るでしょう。