頼もしい翻訳会社が誕生|ビジネスのパートナーになる

男の人

世界に事業を広げたい

会社の事業を世界に広げたい時は翻訳会社を利用して海外のお客さんに対応しましょう。翻訳会社であれば専門性の高い文章でも訳してもらえます。また多様な国の言語に対応しているため、グローバルに事業を展開しやすいのです。翻訳にかかる費用の算出方法は翻訳会社ごとに異なります。

PCを操作する人

誤訳を避けるために必要

専門性が高かったり法的なリスクが伴う翻訳は、一抹でも不安があるのなら絶対に翻訳会社を利用すべきです。なぜなら彼らは専門用語に関する高い知識を有していて、情報量が膨大になる場合でも迅速で正確な翻訳が期待できるからです。

PC

翻訳を依頼しよう

翻訳会社を利用すれば様々な言語の翻訳が可能です。このサービスを利用する場合はまず会社を選んで見積もりを依頼します。見積もりの確認後に発注となり、翻訳作業やネイティブチェックが行われます。翻訳が完成したら納品となり、納品時には質問や修正も可能です。

女性

翻訳の専門家

翻訳会社に翻訳を頼んだ方が良い理由が大きく分けて5つあります。1つ目は専門知識に精通している点です。専門的な文章を翻訳するのに必要な能力です。2つ目は多くの外国語に対応できる点です。3つ目は日本語にも精通している点です。4つ目は機密保持です。契約を交わせる会社も多いです。5つ目は豊富な実績です。

男性

翻訳を外注する方法とは

翻訳会社を利用すれば言葉のハードルをクリアすることが出来ます。翻訳作業の費用は1文字あたりの単価と文書量で決まり、希少性や専門性によっても変わります。実際に利用する時には見積もりを取って費用や納期を確認すると安心です。

必要性の高い会社選び

パソコン

必要な情報をチェックする

どんなプロに依頼するのかによって、翻訳会社に支払う相場が変わるといわれているため、前もって確認してください。また、翻訳してもらう言語によっても選び方が異なる為、事前にチェックしてから申し込むことをおすすめいたします。特に業者の事業形態によって費用が異なっている為、どんな翻訳会社に依頼するのかによって、請求料金が異なるでしょう。例として挙げられているのが、老舗の翻訳会社で、英語翻訳の場合、1ワードごとに数十円といった形で料金設定されています。それ以外の企業の場合には、原稿用紙1枚あたりの単価で請求されている為、文字数か枚数かによって料金が大幅に異なるでしょう。また、文字数や業種によって単価が異なり、コンピュータ関係は比較的安く、医療関係は高額な設定となっています。会社で請け負っている場合には、ある程度相場のラインが決められているため、依頼する時に概略の見積を取り寄せやすく、利便性が高いでしょう。フリーランスの業者もいますが、内容によっては割高となる場合もある為、納得できる費用で受けられる翻訳会社が便利です。事前に複数の業者から見積や料金の設定している方法を確認し、自社で納得できる内容であれば申し込むことをおすすめいたします。また、事前に同業者に翻訳してもらった経験者がいれば、どんな基準で決めたのかを確認して紹介してもらう方法もあるでしょう。自社で納得できる業者を選ぶためには、概略でも見積を取ること、アフターケアに付いての確認をとることが重要です。